よもやま話

裁判官が答える裁判のギモン

よもやま話

下関 法律事務所

先日,日本裁判官ネットワーク「裁判官が答える裁判のギモン」(岩波ブックレットNo.998)という本が発売されました。

日本裁判官ネットワークというのは,1999年9月に設立された現役の裁判官で構成している団体で,開かれた司法を目指してシンポジウムや各種書籍の出版を行っています。この本はその最新刊です。
一般の人が抱く裁判制度,裁判官に対する疑問について,刑事事件,民事事件,家事事件,少年事件,裁判一般,裁判官のカテゴリーに分けて,簡潔ながら懇切丁寧に説明がされています。
しかも岩波ブックレットなので,わずか100頁程度で大変読みやすく,裁判入門には最適の一冊といえるでしょう。
学校での法教育にももってこいだと思います。
この本を通して,裁判制度や裁判官に関する知識が少しでも広まってくれれば…と願うばかりです。

そして先週土曜日,この本の出版記念祝賀会に行ってきました。
前半は出版記念のご挨拶や出版の経緯についてのお話,本を読んだ皆さんからの感想を伺いました。
後半のパネルディスカッションでは,刑事部の裁判官の活躍を描いた漫画「イチケイのカラス」作者・浅見理都先生,刑事部の裁判官を長年勤められた木谷明先生,原田國男先生がご登壇され,「裁判のギモン」の感想はもちろん,「イチケイのカラス」制作秘話,過去の刑事裁判におけるエピソード,刑事裁判のこれからなどについて,興味深いお話が聴けました。
刑事弁護に携わる者として,身の引き締まる思いを新たにした次第です。