解決事例

趣味への浪費で借金を作り,放置した結果,給与の差押えを受けてしまい,弁護士へ依頼してから約2ヶ月で裁判所から破産手続の開始決定を得られた事例

解決事例

1.依頼のきっかけ

Aさんは,失業してしまったことで収入が低下し,生活費の補填と浪費のために100万円程度の負債を抱えてしまいました。Aさんは,まだ25歳と若く,借金に対する危機感も薄く,借金の滞納を放置していました。Aさんは,ギリギリの生活をしていたため,債権者から給与を差し押さえられてしまい,生活ができなくなってしまいました。Aさんを心配したAさんの親が相談に連れてこられました。

 

2.交渉の経緯

Aさんは給与から弁護士費用を支払うことができず,法テラスに弁護士費用の援助を受けることとなりました。法テラスがAさんを援助するという決定を出すまでに1ヶ月程度の時間がかかることから,その間,Aさんに破産手続を行うために必要な資料の収集を依頼するなどして破産手続の申立てを急ぎました。

裁判所から破産手続の開始の決定がでると同時に給与差押えの停止,免責の許可と同時に差押えを解除する手続きを行いました。Aさんは給与を満額受け取ることができないと生活が成り立たないため,とにかく急いで裁判所から開始の決定を受けることを目指して申立てを急ぎ行いました給与の差押えが停止されていた間の給与も免責確定後にAさんへ無事返金され,早期に解決することができました。

 

3.担当弁護士から一言

破産手続は,給与の差押えなどの個別の財産への強制執行とは異なり,財産の全てに対して強制執行を行う包括執行的な性格があります。
おおまかに言えば,破産手続はAさんの現存する財産を債権者に分ける手続です。それにもかかわらず,ある債権者が破産手続を無視して個別に強制執行を行うとなれば,現存する財産は目減りして他の債権者が受領することのできる分け前が減少してしまいます。そのため,破産手続が開始された後に給与等の差押えを行うことができなくなります。
また,破産手続の開始決定を受ける前に既に行われていた強制執行手続も,同様の趣旨からその手続は中止することになります。

突然,債権者から給与の差押えを受けた場合には,早期に破産手続などの債務整理手続を行うことで給与の差押えを解除する方法もあります。まずは,弁護士にご相談ください。