コラム一覧

離婚によるメリット・デメリットは?

コラム一覧

離婚にはメリットがある一方で、デメリットもあります。離婚したいと思ったら、メリット・デメリットを比較して慎重に検討しましょう。

1.離婚することで得られるメリット

離婚することで得られる主なメリットは、以下のとおりです。

・精神的に楽になる
・自分のやりたいことができるようになる
・お金を自由に使える
・別の異性との交際や再婚も可能となる
・配偶者の親族からも解放される
・子どもにとってプラスとなることもある

ひとことで言うと、自由が得られるといえるでしょう。配偶者から解放され、まさに人生の再スタートを切ることが可能になります。

2.離婚することで生じ得るデメリット

一方、離婚することで生じる主なデメリットは以下のとおりです。

・経済的に苦しくなることがある
・子どもが辛い思いをする可能性が高い
・自分も孤独を感じることがある
・世間体が気になることもある
・離婚手続きに労力・時間・費用がかかる

自由が得られる反面で、寂しさを感じる人も数多くいます。特に男性の場合は子どもと離れなければならないことが多いので、その傾向が強いです。

女性の場合は、離婚後の生活における経済的なリスクが大きいといえます。

男女とも、子どもにとっては通常、両親の離婚はデメリットが大きいことを考慮する必要があるでしょう。

3.離婚を切り出す前に考えておくべきこと

離婚を切り出す前には、以下のことをしっかりと検討しておきましょう。感情にまかせて離婚を切り出してしまうと、後悔するおそれがあります。

(1)なぜ離婚したいのか

最初に、離婚したい理由を自分の心に問いかけてみましょう。

その問題は離婚しなければ解決できないのか、まずは別居してみてはどうかなども検討し、それでも離婚したいと思う場合は、デメリットを上回るメリットがあるかどうかを確認することです。

(2)配偶者の意向

配偶者が反対する場合、離婚することは容易ではありません。配偶者の反対を押し切ってでも離婚したいのかも探ってみましょう。

(3)法定離婚事由はあるか

法定離婚事由とは、配偶者が反対しても裁判で離婚が認められる事情のことです。法定離婚事由がない場合、配偶者の同意がなければ離婚できません。

(4)証拠はあるか

法定離婚事由がある場合でも、その証拠がなければ裁判で離婚を認めてもらうことはできません。離婚を切り出す前に、証拠を確保しておくべきです。

(5)慰謝料や親権等の希望条件

離婚する際には、慰謝料や財産分与、親権、養育費など様々な条件を決める必要があります。

必ずしも自分の希望が通るとは限りませんので、弁護士に相談して見通しを確認した上で、メリット・デメリットを検討するとよいでしょう。

4.離婚手続きの進め方

離婚を切り出した後は、以下の流れで離婚手続きを進めていきます。

(1)離婚協議

夫婦間の話し合い(離婚協議)で合意できた場合は、協議離婚が成立します。離婚協議書を作成した上で、離婚届を提出しましょう。

(2)離婚調停・審判

夫婦間の話し合いがまとまらない場合は、家庭裁判所に調停を申し立てます。調停では中立公平な調停委員を介して話し合いによる解決(調停離婚)を図ります。

調停でも解決できない場合は審判を求めることもできますが、一般的には離婚訴訟に進むことが多いです。

(3)離婚訴訟

離婚訴訟では、双方が裁判所に主張と証拠を出し合います。法定離婚事由の内容を立証することができれば勝訴判決が言い渡され、裁判離婚が成立します。

5.離婚問題で弁護士に相談するメリット

弁護士に相談すれば、ご自身のケースで離婚することが可能か、可能としてメリット・デメリットのどちらが大きいか、離婚条件の見通しなどについてアドバイスが受けられます。

離婚問題は、一人で悩んでいても解決することは難しいです。お困りの際は、弁護士法人大賀綜合法律事務所へお気軽にご相談ください。

離婚相談のコラム一覧はこちら