交通事故で頼れる弁護士とは

交通事故で困ったときに頼れる弁護士を知りましょう

交通事故案件における経験と実績が豊富

どのような事案もそうですが、その筋の専門家といえるためは、ある程度の経験と実績が備わっている必要があります。その積み重ねで自信が生まれ、専門家としての強みが出てきます。

交通事故で頼れる弁護士といえるためには、交通事故事件の処理を多数こなしてきた豊富な経験を持っていることが必要でしょう。
弁護士法人大賀綜合法律事務所は、山口県内を中心に数多くの交通事故案件の経験と実績が豊富ですので、お気軽にご相談ください。

交通事故被害者へ寄り添える

交通事故案件で頼れる弁護士は、被害者の気持ちをしっかりと理解してくれて、時には寄り添った対応をしてくれるのも特徴です。
一見すると「この点は関係ないのでは」と思う方もいらっしゃるかもしれません。

交通事故で頼れる弁護士といえるためには、それ相応の経験と実績が必要となります。これはイコールで、その分、交通事故の被害者に数多く接してきたことと同じ実績となります。
交通事故の問題というと、どうしても賠償金や治療費など、お金の問題が中心になってしまうことは否めませんが、交通事故被害に遭われた方の心のケアも非常に大切な問題です。

被害者にもさまざまな方がいらっしゃいますが、今までの相談経験をふまえ、交通事故被害に遭われた方の気持ちをきちんと理解して、精神的な面でもサポートしてくれるはずです。

交通事故で頼れる弁護士に依頼するメリットとは

後遺障害等級が認定される可能性が高くなる

経験や実績が豊富な弁護士に依頼をすれば、後遺障害等級申請のためのサポートを受けることが可能です。また、後遺障害が認定されない場合や認定された等級に納得できない場合に弁護士に異議申立のお願いしたりすることで、適正な後遺障害等級が認定される可能性が高くなります。

賠償金の増額が期待できる

例えば、交通事故案件をほとんど受けたことのない弁護士に依頼すると、弁護士基準で定型的、機械的に損害額を計算するだけで終わってしまい、適正な賠償金を得られないケースも珍しくありません。

経験豊富な弁護士に依頼すれば、定型的な計算をするだけでなく、個別の事案ごとに事情を考慮し、賠償額を増額させる要因がないかを精査しつつ把握でき、結果的に賠償額が増額する可能性があります。そのため、交通事故で頼れる弁護士に相談されることをおすすめします。

適切な過失割合に折り合いをつけてくれる

交通事故における過失割合とは、7:3や6:4などと示される交通事故当事者の責任の割合のことを指します。交通事故において例え被害者であっても何らかの過失が認められることが一般的で、過失割合が高いと請求できる損害賠償の金額が減ってしまいます。

一般的に、過失割合は相手方が契約している保険会社が一方的に提示してくるため、その割合提示を素直に受け入れてしまうと損をしてしまう可能性があります。
適正な過失割合を導き、適正な損害賠償金額を受け取るためにも、早い段階で交通事故で頼れる弁護士に相談されることをおすすめします。

当事務所では、交通事故案件について様々なケースの対応実績や経験があり、ご依頼者様の要望にできる限りお応えするよう、全力でバックアップいたします。

下関市を中心に宇部市や周南市など山口県内で交通事故案件で頼れる弁護士をお探しの方や交通事故においてお悩みの方は、弁護士法人大賀綜合法律事務所まで、お気軽にご相談ください。