これまでに担当した解決事例の紹介

解決事例1男性20代

示談金350万円増額に成功したケース

交通事故に遭遇し頸椎捻挫になってしまい、1年半通院を余儀なくされてしまいましたが、症状固定しました。その後当法律事務所に相談をいただき、通院状況や治療状況を把握し、後遺障害診断の取り付け、各状況の立証を行い、被害者請求したところ自賠責認定14級9号が認定され結果的に350万円増額の成功となりました

解決事例2女性30代

事前認定非該当⇒被害者請求で280万円になったケース

交通事故により頚椎捻挫・腰椎捻挫し、約8か月間通院治療の後、事前認定で後遺障害等級非該当となってしまいました。しかし、症状が残っているのに後遺障害等級非該当に納得いかなかった被害者からご依頼を受け、弁護士が異議申し立てを行った結果、14級9号を認定され最終的に280万円の増額となりました。

解決事例3女性40代

後遺障害事案で賠償額が3倍に増額成功したケース

信号機のない交差点で出会い頭に衝突し頸椎捻挫の傷害を負いました。
事故後、後遺障害が確定しないまま長期治療しておりましたが、1年半後に症状固定し保険会社からの賠償金が妥当か相談受けました。既に等級認定受けていましたが、将来後遺障害の状態が悪化することが懸念されたため、賠償を求め交渉を行いました。
最終的に訴訟にならないことを望む依頼者のご意向もあり、300万円から3倍の増額提示にて解決しました。

事故発生から示談までの流れ

1

事故発生

ケガをしている場合、警察へ事故の報告は
必ず「人身事故」として処理されているかを確認してください。

この時点でのご相談がベスト
2

治療(通院・入院)

医師へ自分の症状をきちんと伝え、必要な検査も受けましょう。
入院される場合の個室利用やタクシー利用は医師の指示を仰いだ上で

出来ればこの段階までのご相談が望ましい
3

症状固定

保険会社からの治療費の打ち切り、症状固定の要請には慎重な対応をしてください。

まだ間に合います
4

後遺障害の等級認定

症状固定後に障害が残ったら、後遺障害の等級認定を受けます。

この時点で弁護士にご相談ください
5

示談交渉

示談のやり直しはできません。必ず事前に弁護士にご相談ください。

ご相談のデッドラインです!必ず弁護士に連絡を!
6

示談成立

示談までの流れと弁護士の介入について
もっと詳しく知る

対応エリア

当法律事務所では山口県全域にて交通事故における交渉を交通事故に強い弁護士がご依頼者様に代わり行います。交通事故案件でお困りの方はお気軽にご相談下さい。

【対応エリア】
下関市 宇部市 山口市 萩市 防府市 下松市 岩国市 光市 長門市 柳井市 美祢市 周南市 山陽小野田市 周防大島町 和木町 上関町 田布施町 平生町 阿武町

事務所紹介&アクセスのご案内
下関 法律事務所 下関メインオフィス
〒750-0007 山口県下関市赤間町2-17 大賀ビル
TEL:083-249-6010 FAX:083-249-6011