入所のご挨拶

2019年6月18日投稿 | 投稿者: 弁護士 津田清彦

初めまして。山口県弁護士会所属弁護士の津田清彦と申します。

 

私は,平成27年12月に下関市の法律事務所である弁護士法人ラグーンへ入所し,約3年5ヶ月間勤務した後,令和元年6月1日から弁護士法人大賀綜合法律事務所へ入所し,下関メインオフィスで執務を開始しました。

 

この3年5ヶ月間は人身傷害に関する事件,例えば,交通事故,労働災害など人が身体に傷害を負った場合の損害賠償請求や福祉等のサポートについて注力していました。

もちろん,その他の離婚,相続,債権回収,債務整理などの事件も多数処理してきました。

 

私は千葉県佐倉市出身(おおまかには成田空港近辺)で,下関市とは無縁でした。

学部の勉強仲間である友人が下関市出身で,歴史好きな人でした。

彼の影響を受け,江戸時代後期~明治初期の歴史小説を読むようになり,小説に登場する地に行きたいと思うようになり,下関市を訪れました。

その頃は,ちょうど司法試験に合格し司法修習中でしたので弁護士法人ラグーンへ面接に行きがてら観光をしていました。

 

学校も遊ぶ場所もほとんど東京だった私は,満員電車が大嫌いで,東京では働きたくないと考えていました。
そんな時に下関市へ訪れたためか,明治維新の志士達がいた山口県で働くのは楽しいかもしれないという安易な考えから下関市で働くことを決めました。

東京の法律事務所で内定を頂いていたにもかかわらず断ってしまいました。

 

最初は友人もおらず不安でしたが,今では結婚もして安定した生活を送らせて頂いております。
ボランティアにも参加し下関市がより良い街になるよう微力ではありますが協力しています。

 

弁護士としての津田清彦について話します。

私の信念は,依頼者へ向けたものとしては,「依頼者の利益を最大化すること」です。

「利益」とは,人それぞれ異なるものです。経済的な利益(賠償金をより多く),精神的な利益(早期の解決)など様々な「利益」があります。その「利益」を実現するには,それぞれの『依頼者の「利益」は何かを考え,提案し,「利益」を実現するための方策を練り,早期に実行する。』ことが肝要であると考えています。

 

また,私自身へ向けた信念としては,「積極的に」,「フットワーク軽く」,「恐れない」というものです。

「失敗を恐れず」,「なにごとにも積極的に挑戦し」,「悩む前に素早く行動する」ことを心がけています。

 

これから弁護士法人大賀綜合法律事務所下関メインオフィスにてご相談者様,ご依頼者様のために尽力していきますので,どうぞよろしくお願い致します。

 

誠心誠意対応させていただきます。どうぞお気軽にご相談下さい。

ブログ一覧に戻る

一本のお電話だけでお気持ちが楽になります。

親身にご相談に対応させて頂きます。全力であなたをサポートいたします。

お電話でのご予約受付受付時間 9:00-18:00
下関オフィス
宇部オフィス
東京オフィス
周南オフィス
下関 法律事務所 下関メインオフィス
〒750-0007 山口県下関市赤間町2番17号 大賀ビル
TEL:083-249-6010 FAX:083-249-6011