コラム一覧

闇バイトの誘いに要注意!

コラム一覧

新型コロナの影響による収入の減少や物価の高騰などに直面し、副業やアルバイトを探す人が増えています。そんな中で、いわゆる「闇バイト」に手を出してしまう人が後を絶ちません。

誰でも簡単に高収入が得られるかのような謳い文句で誘いかけてくる闇バイトですが、手を染めると人生を棒に振ることになりかねません。高額の報酬に魅力を感じたとしても、絶対に応募しないようにしましょう。

1.闇バイトとは

闇バイトとは、高額の報酬が得られる代わりに、法律に抵触する行為に加担させられるアルバイトのことです。合法的な仕事ではないので、「闇バイト」あるいは「裏バイト」と呼ばれます。

かつては裏社会の特殊なルートで紹介されていたものですが、現在ではSNSなどで大っぴらに募集されています。

そのため、インターネットを利用する人であれば誰でも闇バイトの求人を探すことが可能となっていますが、それだけに注意する必要があるといえます。

2.闇バイトの種類

闇バイトのほとんどは、違法行為を依頼主に代わって行わせられるというものです。多種多様な仕事がありますが、一般の人が巻き込まれやすい主な闇バイトの種類は以下のようなものです。

・特殊詐欺の受け子や出し子
・違法薬物や密輸品などの運搬、受け渡し
・携帯電話や銀行口座の契約、譲渡
・パチンコやパチスロの打ち子
・出会い系サイトなどのサクラ

違法性の重いものから比較的軽いものまで様々ですが、上記の仕事は全て犯罪行為に該当します。

3.闇バイトをすると犯罪者になる

例えば、特殊詐欺の受け子や出し子を担当すると、事情を知らなかったとしても詐欺罪の共犯となり、「10年以下の懲役」という刑罰の対象となります。

特殊詐欺は悪質な犯罪ですので、発覚すると警察に逮捕され、初犯でも起訴されて実刑判決を受ける可能性が十分にあります。実刑判決とは、懲役刑を言い渡されて実際に刑務所で服役しなければならない判決のことです。

実際にも、特殊詐欺の受け子や出し子が逮捕されたり、実刑判決を受けたという事件がたびたび報道されています。

たかだか数万円の報酬のために逮捕されたのでは、全く割に合わないというしかありません。

4.闇バイトに応募すると途中でやめられない

闇バイトは、主にTwitterやインターネット上の掲示板などで募集されています。ときには、SNSで突然DM(ダイレクトメッセージ)が送られてきて誘われることもあるようです。

応募するために相手とDMで連絡をとると、身分証明書を提示させられる他、自宅の連絡先だけでなく家族構成や職場の連絡先などまで聞き出されます。

その後に初めて具体的な仕事内容を告げられるのですが、途中で違法行為に気付いても抜け出すことは困難です。応募時に伝えた個人情報を悪用すると脅されるからです。

そうして、悪いと思いつつもやむを得ずに違法行為を実行し、逮捕されてしまう人が後を絶たないのです。

5.闇バイトの見抜き方

闇バイトには決して応募してはいけません。ネット上で以下のような募集を見かけたら、闇バイトを疑うべきです。

・具体的な仕事内容が掲載されていない
・「○○するだけ」などと謳っている
・「詳細はDM」でと案内している
・高収入、即金を謳っている
・面接も履歴書も不要

高収入を得るためには、専門的な資格やスキル、あるいは長時間の労働など、何らかの代償が必要です。闇バイトの場合は、違法行為に手を染めることが代償となるわけです。

楽して高収入を得たいと考えていると、闇バイトの他にも副業詐欺などに遭い、金銭的な被害を受けるおそれもあります。

経済状況が苦しくなっている方も多いと思いますが、やはりお金は堅実な仕事で地道に稼ぐ必要があるといえるでしょう。

もし、バイトに応募した後で怪しいことに気付いたら、すぐに弁護士に相談して適正に対処することをオススメします。