交通事故

このようなお悩みはありませんか?

  • ・交通事故にあったが、今後、どのような手続きが必要なのかわからない。
  • ・怪我で仕事ができず、生活に困っている。
  • ・後遺障害等級の認定に納得できない。
  • ・治療の打ち切りを迫られているが、納得がいかない。
  • ・過失割合や保険会社の提示額が妥当なのかどうか教えてほしい。

早めのご相談で示談交渉を有利に進めましょう

弁護士法人大賀綜合法律事務所では、被害者の方が正当な賠償金を受け取れるよう、示談交渉や後遺障害の認定などについて対応しています。
「保険会社からの示談内容に納得できない」「後遺障害の認定で非該当となってしまった」「後遺障害12級と認定されたがどれくらい請求できるのか」 など、交通事故にあって怪我や障害を負った当事者や、事故で家族を失ったご家族が自ら対応することは、精神的にも肉体的にも大変な負担となります。

また、保険会社から提示される示談内容は、裁判で認められるであろう賠償金額よりも相当低額な金額の提示しか行われないことが多く、正確な法的知識のもと、しっかりと準備をして交渉しないと、本来受け取れる示談内容より低い賠償額で示談をすすめられるおそれがあります。
このような保険会社との示談交渉においては、「弁護士」が示談交渉や裁判手続の代理をすることで、適正な賠償金額の実現をすることが可能になります。

当事務所では、事故直後の治療をする際の「病院の選定」「通院回数」「治療方針」など、その後の保険会社との示談交渉において非常に重要となる要素についてアドバイスしています。
事故にあってしまったら、お早めにご相談ください。

※法テラスの民事法律扶助の資力要件基準に該当される方、弁護士費用・法律相談費用補償特約付自動車保険をご契約の方など、一定の方はご自身の負担なくご相談できます。

交通事故についてのサポート内容

1. 損害賠償請求

交通事故の被害者が受け取る損害賠償金には、自賠責基準、任意保険基準、弁護士基準(裁判基準)という3つの基準があります。任意保険基準は、加害者が加入している任意保険の支払い基準で、自賠責基準よりは高いものの、保険会社の都合で決められた金額です。

自賠責基準や任意保険基準の金額では、被害者にとっては納得のいかない金額となることが多くあります。適切に弁護士基準の賠償金額を得るために、相手方加入の保険会社との交渉は、弁護士が全面的にサポートします。
弁護士法人大賀綜合法律事務所では、物損事故や軽微なむち打ち事故から、後遺障害が残る重大事故や死亡事故まで豊富な経験がありますので、安心してご相談ください。

2. 死亡事故の損害賠償請求

不幸にも大切な家族が突然、交通事故にあい亡くなってしまったとき、ご遺族の方は事故の報せを受け、パニックになると思います。しかし、事故直後から葬儀の準備、各種手続き、亡くなられた被害者に代わって加害者加入の保険会社との交渉をしなければなりません。
弁護士法人大賀綜合法律事務所では、法律的な問題に限定することなく、仮払金、仮渡金の請求手続、交渉の代理、刑事裁判への被害者参加など総合的な支援を行います。

被害者のため、遺族のため、負担をできる限り軽くするために法律的な問題はもちろん、それ以外の問題についても、相談ができるようにしています。
一つひとつのお悩みに対して最善となる解決案を提示することで、問題を解決するためのサポ-トを全力で行います。

3. 後遺障害等級認定

後遺障害は、一般的には治療が進み、いよいよ症状固定という時期にきて初めて問題になるものです。しかし、適正な賠償金額を受けるためには、事故直後から後遺障害等級認定の申請をする可能性があることを視野に入れ、できるだけ早く弁護士にご相談することをおすすめします。

弁護士法人大賀綜合法律事務所は、医師や医療機関と築いてきた信頼関係がありますので、ご相談者が適切な後遺障害等級認定を受けるためにサポートしてまいります。

4. 自賠責保険金の被害者請求

交通事故の加害者が、自賠責保険と任意保険の2つの保険に加入していた場合、一般的には任意保険の会社に損害賠償金を請求することになります。しかし、この損害賠償金の請求において、被害者が加害者が加入する自賠責保険の会社に、直接損害賠償金を請求する制度を「被害者請求」といいます。

交通事故の加害者が示談交渉に対して誠意ある対応をしない場合などは、被害者自らで被害者請求を行うべきですが、必要書類が多く、手続きが煩雑になりがちです。この被害者請求についても、弁護士法人大賀綜合法律事務所でサポートします。