中国大連出張

2019年7月10日投稿 | 投稿者: CEO 大賀一慶

下関 法律事務所
弁護士法人大賀綜合法律事務所代表弁護士の大賀一慶です。今回は,私が理事(外部指定役員)を務めている国際経営改善事業協同組合(IBI)の仕事で,昨日から中国大連に出張しています。
今回は,大連の送出機関,松山盛玖(大連)国際経済技術合作有限公司(松山国際)の視察と協定締結です。
松山国際本社にて社長と面談,その後,委託先の日本語学校2校を視察しました。日本では今ベトナム人の技能実習生が最も多く,最盛期を迎えていて,中国人の技能実習生は一時期に比べて減ってきていますが,実習実施者(技能実習生を受け入れる企業)のオーダーがあり,どうしてもということで今回の視察となりました。
中国人は漢字という共通項があるためか,語学レベルはかなり高い。中国人技能実習生は3か月日本語を学びますが,ベトナム人・カンボジア人技能実習生などは大体6か月です。半分の期間なのですが,それでも中国人技能実習生の方が語学レベルは高そう。N4がいけるかどうか。この点はどんな仕事をするかに関わらず非常に重要です。意思疎通がスムーズにできなければ技能実習の効率も落ちますから,技能実習生本人も実習実施者も大変困ります。

今回は現地滞在時間が24時間という超タイトなスケジュールで,本当は松山国際の視察だけの予定でしが,急遽,朝9時に滞在先ホテルで別のお客様と面談することに。大忙しです。こちらは弁護士法人大賀綜合法律事務所で法律顧問契約を締結させて頂く予定の企業の関係で,現地拠点の担当者の方とのアポイントでした。そうそう大連まで行けないので,この機会に。

写真は中国大連の東港ベニス水城(東方水城)と呼ばれる観光地です。つい先日までダボス会議2019が開催された国際会議場などがあるエリアですが,町中,路地裏の雑踏と比較すると,やはり貧富の格差が大きいことを感じます。写真に写っているマンションは広いもので1区画400平米以上もある高級タワーマンションで,おそらく億超えです。
スケジュールが超タイトなため観光は15分ほど東港の風景を見ただけでした・・・。その他は観光は一切なし。初めての大連だったのですが。今度は観光で来たいですね。

ブログ一覧に戻る

一本のお電話だけでお気持ちが楽になります。

親身にご相談に対応させて頂きます。全力であなたをサポートいたします。

お電話でのご予約受付受付時間 9:00-18:00
下関オフィス
宇部オフィス
東京オフィス
周南オフィス
下関 法律事務所 下関メインオフィス
〒750-0007 山口県下関市赤間町2番17号 大賀ビル
TEL:083-249-6010 FAX:083-249-6011